➆ハムスターを飼うときのケージは何を使う?衣装ケースで代用?かわいい小動物飼育、お家選び編

「ジャンガリアン」の画像検索結果
うさぎ、ハムスター

ケージ選びについて!

前回は数あるハムスターの種類の中でも“ジャンガリアンハムスター”についてご紹介しました!

日本で飼われているハムスターは10種類前後と言われています。

ジャンガリアンハムスターはその中でも、いちばん飼いやすいハムスターと言われています。

飼いやすく懐きやすい性格なので初心者の方にはオススメです。

もし、ハムスターを初めて飼うけど、どの種類を飼ったらいいかわからないというかたはぜひジャンガリアンハムスターを飼ってみてくださいね♪

【衣装ケースをケージの代わりに♪】

「ハムスター 衣装ケース 蓋」の画像検索結果
かつおのブログ

衣装ケースのメリットは冬に多くあります。

風通しがあまりないので冬場は暖かくハムスターが過ごすこともできます。

ロボロフスキ―ハムスターやジャンガリアンハムスターの飼育に向いているかと思います。

また、ゴールデンハムスターを衣装ケースで飼育する場合には大きめの衣装ケースを選んであげましょう。

そして、衣装ケースの上には逃げられないように金網も設置しましょう。

金網はホームセンターで安く飼うことができます♪

【水槽をケージの代わりに♪】

「ハムスター 水槽」の画像検索結果
知恵袋

水槽は透明なことが多いので、写真もきれいに撮ることができます。

衣装ケースと同じなのですが、通気性はあまりよくありません。

そのため、夏に水槽や衣装ケースでハムスターを飼育する場合には通気性を気を付けてお世話をしてあげてください。

また、水槽は綺麗に写真を撮れるだけではなく十分な重さもあるためずれにくいこともメリットです。

そして、床材が散らばることも無いので水槽の外に床材やトイレの砂が飛び散ることも防げるというメリットもあります。

【市販のケージを使う♪】

「ハムスター ケージ」の画像検索結果
BuyMa

初めての方はこちらがオススメです。

市販のケージはだいたいセットで販売されていることが多いです。

給水器、エサ入れ、滑車、小屋などがだいたいセットで販売されています。

中にはトイレの砂や床材がセットで販売されていることもあります!

ハムスターに合う、最適なゲージはなんなのか?

また、ハムスターにアレルギーがあることもあるので床材には注意してくださいね♪

【病院へ連れて行くときは何に入れて連れて行くか?】

病院へ行くときはケージに行くと場所もかさみますよね。

重たいケージだと持っていくのも大変だし、ハムスターが暴れて床材がまき散らかっても大変です。

私自身も、行っているのですが、ハムスターを病院へ連れて行くときは小さめの虫かごに入れていくと便利です!!

虫かごだと蓋もあり大きさもさまざまでハムスターの大きさにも合わせやすく床材がまき散らかされないというメリットもあります。

また、ケージに比べ虫かごは軽いので持ち運びも便利です。

健康診断へ行くときや体調が悪くて、爪切りなどハムスターも病院へ行くことはあると思うので虫かごは用意しておいても良いと思います。

【まとめ】

今回はハムスターを飼うときのケージについてご紹介してきました。

初めてハムスターを飼うのであればセットで販売されてる市販のケージを飼うのがいちばん金額的にもお得です。

他にわからないことがあれば店員さんに聞いてみるといいでしょう。

自分でケージをカスタマイズしたいというときなどは水槽や衣装ケースで飼育してみるのも楽しいのでぜひ、試してみてくださいね。

次回はハムスターの飼育に必要なものは?について詳しくご紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました