オーストラリアの秘境「パーヌルル国立公園」って?アクセスや近隣のホテルは?

テレビ

地球のへそ、「エアーズロック」やコアラ、はたまたコアラの好きな木「ユーカリ」などオーストラリアは日本に知られているものがいっぱいあります!

ちなみに僕の通っていた小学校にはひときわ大きな木があったのですが、まさにユーカリでした。

校歌にユーカリの木が歌われている歌詞があったなぁ(歌が全く覚えてないけどw)

また留学で英語を学ぶ為にアメリカではなくオーストラリアを選ぶ人が周りに多かったです!ワーホリがあるからかなぁ、僕も一時期オーストラリアへの語学留学がワーキングホリディを考えていました!

今回はそんなオーストラリアでも秘境とされている場所について紹介したいと思います!

 

オーストラリアの秘境!「パーヌルル国立公園」

パーヌルルという名はアボリジニの言葉で「砂岩」という意味です。またバングルバングルとも呼ばれている砂岩はドーム状に形作られているものがこの一帯では多く約2千万年前より侵食されて出来上がった形だと言われております!

そしてこの黒とオレンジの規則正しい層は微生物によって黒く変色した粘土層と鉄分を多く含んだオレンジの硬いそうでできています!

この綺麗な作りが自然界でできているものだということに驚かされます!

またこちらの国立公園は世界遺産にも登録されており、各所にアボリジニの先住民族が描いたとされる壁画などが残っており、「地球最後の秘境」とも言われております!

 

近隣のホテルよりお勧め!!!国立公園内唯一のエコロッジ !!バングルバングル・ウィルダネス・ロッジ

国立公園内にはテント・キャビンが並ぶ、大自然融合型のネイチャー・ロッジがあります!!

テントといえどもシャワーとトイレが完備され、不便さはまったく感じません。テント内のベッドに横たわると、鳥や虫の声など自然の音がそのまま直に伝わってくるのが、何よりの贅沢。遥か向こうに見える山脈がシルエットになって目に映る頃、皆でキャンプファイヤーを囲んでのディナータイムが待っています。

パーヌルル国立公園は交通の弁がやや難しくなかなか行くことのない場所ですが、珍しい動物などもたくさんいるなんとも興味深いところです!

遠くで響き渡るディンゴの遠吠え、さわさわと揺れる木々の音――。

大自然に包まれた夜は、何にも代え難い究極のリラックスと心地よい眠りを約束してくれます。

 

アクセス

成田からシンガポール(約8時間)→パース(約5時間半)→ブルーム(約2時間半)→カナナラ(約1時間半)。カナナラからパーヌルル国立公園までは車で約5時間(約250kmプラス未舗装50km)かかります。

雨季は雨水で埋もれてしまうため、陸路は4月から10月の乾季のみ走行可能です。また、ラフロードなので4WDでないと走行できません。

ホールズ・クリークまたはカナナラからヘリコプターや飛行機、4WDつきのツアーに参加した方することをおすすめします。

※ちなみにホールズクリークからの4WDだとレンタカー屋さんがない為実質カナナラからのセスナか4WDが主流です!車も点検をしっかりしているものを選びましょう!!!人の往来が本当にない為故障してしまったら一大事です!!!

 

まとめ

いかがでしょうか!先住民の残したメッセージと自然が作り出したアート、そして珍しい生き物や気候など行けば全てが新発見となっても不思議ではない場所オーストラリアにある地球最後の秘境「パヌールル国立公園」

交通の便はよくないものの、行けばその場で泊まれるロッジもあり人生で忘れられない思い出と経験になること間違いなし!!!

ぜひ人生に一度、こういった場所でリフレッシュし、世界の見方をちょっと変えてみる経験をしてみるのはいかがでしょうか!

最後まで見ていただきまして誠にありがとうございます!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました