【ドラマ】メゾン・ド・ポリス 第7話 あらすじ・感想・ネタバレ

テレビ

こんにちは、GGです!今回はドラマレビューを^ ^

「メゾン・ド・ポリスvs裏社会のフィクサー&幻の金庫破り」

新人警察官の牧野ひより(高畑充希)がひょんな事から元警察関係者達のみが住むシェアハウス「メゾン・ド・ポリス」の個性的な住民達と共に難事件を解決していく物語。

<第7話あらすじ>


今回の事件は「金庫破り」


シェアハウスの住人の伊達(近藤正臣・元副総監)の元に本郷幸成(井上順)より電話が入る。


同じ頃、ひよりが勤務する柳町北署に住宅での窃盗事件の連絡を受け現場に急行する。窃盗事件の現場は本郷の自宅、金庫を破壊され現金が盗まれていた。


現場には3人の女性。


訪問介護士の赤井美香(太田美恵)、婚約者の小倉汐里(西丸優子)、そして家政婦の本宮カレン(大西礼芳)


事件当日、朝出勤したカレンが現場を発見し通報。その時美香と汐里は本郷と箱根の別荘に旅行へ行っていたのだと言う。
本郷より依頼を受け現場に乗り込んできたメゾン・ド・ポリスの面々。

実は本郷は都内で有名な資産家であり、伊達の幼馴染だった。


しかし本郷は違法な金儲けで財を成したと黒い噂のある、裏社会では「フィクサー」と呼ばれており、大の女性好きで「世田谷のジゴロ」とも呼ばれていた。


早速捜査に入り、破壊された金庫に疑念を抱く。工具で無理矢理破壊され開けられたはずの金庫の鍵穴にピッキングの跡があった。


必ず自分の腕で開けるのが金庫破りの性、ピッキング途中で金庫の破壊なんて事しないはず」


元科捜研の藤堂(野口五郎)が金庫に小さな穴が開いている事、そして蝶の鱗粉が付着している事から昭和時代の有名な金庫破り=通称「アゲハ」ではないかと連想する。
だが、ひよりは本郷は蝶のコレクターである為、蝶の鱗粉はあって不思議ではない。

その時、藤堂は本郷の部屋に置いてあった薬が気になり持ち帰る。
柳町北署では捜査会議にて鑑識結果の中に犯人の足跡が残されていたが「足跡が綺麗過ぎる」と偽造工作を疑う。セキュリティの無い窓を割って侵入した形跡から身内の犯行として3人の女性を容疑者として上げる。

今回の事件のポイント


1、 犯人は「アゲハ」なのか?正体は?
犯行の手口からアゲハと同一部分が多いが、不審な点(金庫が破壊される等)がある
2、「本郷幸成」という人物について
事件当日から入院しているとして姿を現さない。雲隠れを疑われる。
3、3人の容疑者
美香は本郷と関係を持っていたが、汐里も了承していると妙な関係。そしてアリバイがない謎の女カレン。

<第7話 ネタバレ㈰>


カレンが帰宅途中に歩道橋から突き落とされる。軽傷で済んだが、ひよりは犯人は容疑者の一人、カレンが窃盗犯であり本郷からの報復ではないかと疑うが、本郷から金庫の残った中身を病院に持ってくる様指示されたひより。病院でひよりと相対した本郷は明るくひよりに接しながらカレンをメゾン・ド・ポリスで保護し守ってほしいと頼む。理由は「愛してるからに決まっている」と。自分の疑惑が混乱するひより。

藤堂が本郷の部屋から持ち帰った薬を調べると、薬の中身はヒ素であった。
ヒ素を入手したのは容疑者の一人、美香。そして美香と箱根に旅行していたはずの容疑者の一人、汐里の車が現場周辺の防犯カメラに写っていた事から美香と汐里の共犯の可能性が出てきた。


そしてなんと突然美香と汐里が自首してきたのだ!


二人は遺産目当てで共謀して本郷を殺害しようとしていた。金庫破りは金庫の中の遺言書に遺産相続が汐里になっているかの確認の為で現金を盗んだのは窃盗に見せかける為のカモフラージュだった。カレンを襲ったのも二人で共謀、薬(ヒ素)の事がバレてしまうのを恐れて殺害しようとしたと自供する。
自首をしたのは本郷に殺害計画の事がバレてしまい自首を勧め勧められたとの事だった。

これで事件解決だが、ひよりは疑念を感じていた。。。

そんな時、旅行に行っていたという伊達が帰宅。実は旅行先はアゲハと関連があり、カレンの故郷でもあるフィリピンだった。
伊達は「アゲハは私の中に深く残っている事件」と語る。しかし今回の事件との関連は濁す。

直後、本郷がお世話になった挨拶という事でメゾン・ド・ポリスにやってくる。

そこで、ひよりが抱える疑念を明らかにする。
アゲハの正体、そして事件の真相について…

<第7話 ネタバレ㈪ 解>


アゲハの正体は、本郷だった。


金庫の鍵を持っている本郷だが「金庫破りの性」によって小さい穴、鱗粉を使い金庫を開ける事で自分の腕を試していたのだ。

そして美香と汐里が遺言書を見た時に本当は相続人はカレンになっていて、カレンを殺害しようとした。


実はカレンは本郷の娘だった。

本郷は観念したかのように語る。
美香と汐里は遺言書を見た事により本郷とカレンの関係に気付き、本郷に大金と罪を軽くする事を条件にカレンとの関係を秘密にし、自首するようにと取引したと。

そして伊達がフィリピンに行っていたのはアゲハの関係者と思われる女性がフィリピンで拘束され亡くなっていた。その事を調べにフィリピンに行っていたという。
その女性こそがカレンの母親だったのだ。

伊達は本郷に二人の思い出の蝶の標本を入れた金庫を開けてもらうよう頼む。
本郷=アゲハは「性」に従い当時の手口で金庫を開ける。

そして金庫の中には蝶の標本と一人の女性の写真が入っていた。カレンの母親の写真だ。

本郷は胸がいっぱいになる思いの中、自分の行く末をメゾン・ド・ポリスの面々に託す。。。

ひよりは窃盗罪の公訴時効は7年であり、警察では何も出来ないと伝える。
そこに何も知らないカレンがやってきて本郷に抱きつく。

その夜、本郷とカレンを交えた事件解決の宴が響いていた。

<感想>


今回はシェアハウスのリーダー兼オーナーである伊達さんの関係するお話でした。
突っ込み所のある回でしたが、穏やかな空気を漂わせてひよりやシェアハウスのメンバーに優しく語りかけるあの伊達さんの幼馴染が昭和を代表する泥棒とは、、、伊達さんも気付いてた様子なのに最初電話掛かってきた時に「郷ちゃん久しぶり♪」って、な

んか不思議な人ですね。
個人的には本郷役の井上順さんのキャラクターに驚きました。裏社会のフィクサーとまで呼ばれて怖い男キャラの伏線をたっぷり仕込んで、いざ登場となるとあの明るさ。番組側の意図にまんまとハマってしまった感が否めません(笑)

本郷の金庫破りの手口、皆さん分かりましたか?
とりあえず本郷の言葉をまとめると


「金庫は息をする」→「鱗粉はミクロ単位の粒子で光に反射する性質がある。」


つまり小さい穴から金庫の中に鱗粉を巻いてダイヤルを回すと鱗粉の粒子が振動で舞って光の反射加減で見極めてダイヤルを回していき開ける。こんな感じですかね?


実際この方法で開けられるかちょっと疑問です。。。

カレンが実は本郷の娘って真相はドラマあるあるに思いました。
本郷の正体(アゲハ=父親)という事をカレンに決して知られたくないという事で、カレンは最後まで真実を知る事はありませんでした。
最後は正直、微妙な空気でしたが、ラストにずっと真面目キャラのカレンがカラオケで楽しそうにしている姿を見ると「まぁいっか」て感じですかね。

<第7話 ドラマ本筋(夏目が警察を辞めた理由) ネタバレ>


伊達が本郷に「僕だっていつ毒を盛られるか分からない」「自業自得だからな」と言いながらひよりの父親の事件の記事を読む。

事件解決の宴の中、科捜研の村岡(西田尚美)から電話が来る。
捜査一課の友人から聞いた「夏目(西島秀俊)が警察を辞めた理由」を伝える。直後ひよりは夏目の元へ行き問いただす。
3年前に夏目が取り調べていた被疑者:池原慎吾が自殺した。
池原慎吾は高遠建設の社員。ひよりの父親と同じ会社であり、同じく建設現場から転落死していた。
夏目に何故黙っていたのか、本当に自殺なのか、本当は誰かに殺されたのではないか。
しかし夏目は一言

「俺は何も知らない」


そして盗聴器の向こう側で会話を聞き入る瀬川草介(竜星涼)。

<第7話 ドラマ本筋(夏目が警察を辞めた理由) 感想>


前話から引っ張られていた盗聴犯が、まさかの瀬川!
「チャース!」と明るく入ってくる彼から想像も出来ない様な暗い表情。。。
悲しいですね。是非今後の展開で逆に裏切ってほしいです!!

<今後の展開の予想>
どうやらひよりの事件に関わる事になるのは夏目と伊達になりそうですね。
この「高遠建設」が何やら事件に関わっていて、自殺した二人が巻き込まれたような感じでしょうか。
そして盗聴していた瀬川。彼もこの事件の関係者で、夏目を監視していたあるいは事件の真相を掴む為に動いているのか…
予告最後にひよりが言っていましたが、メゾン・ド・ポリスの面々も真相を知っていそうですね。
7話序盤でひよりと夏目のやりとりで「警察の人間であり、メゾン・ド・ポリスの人間でもある。両方合わされば最強の刑事になれる」「夏目さんの事も信頼してますから」
このあたりは伏線にですかね
しかしこの言葉を聞いた夏目が嬉しそうな顔したり、信頼って言葉聞いたら明らかに動揺したり、色々思惑が混乱しそうですね。

以上!
物語も終盤に来ました!
ひよりもドンドン冴えてきてますし、ますます目が離せないですね(^-^)

うん、長くなりました笑

最後まで読んでいただいてありがとうございます!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました