【最終話】3年A組-今から皆さんは、人質です。第10話 あらすじ・感想・ネタバレ

テレビ

こんにちは、GGです!3年A組最終話!今クール1番話題になったこのドラマ!ラスト感想どうぞ!!

「3年a組」の画像検索結果

卒業まであと10日となった魁皇高校3年A組の生徒達。浮き足立つ生徒達に「ザコキャラ」とバカにされている担任、柊一颯(菅田将暉)が突然生徒達に「人質になってもらいます」と告げ生徒達と共に教室に立て籠る。辺りが騒然とする中、柊が語るその目的は、景山澪奈(上白石萌歌)が自殺した真相究明についてだった。。。

第10話<3月10日 終幕。全てはこの日の為に。>

(前話からのポイント)


生徒達に全ての真実を伝え、郡司(椎名桔平)を人質に屋上に姿を現した柊。直後、警察(SIT)に狙撃される。
一方、教室では景山澪奈(上白石萌歌)の死の原因は自分にあると言う茅野さくら(永野芽衣)。その真相は?

<あらすじ>


屋上で狙撃された柊だったが、防弾チョッキのおかげで無事だった。そして警察、マスコミに向け「明日の朝8時にSNSライブ中継で真実を話す。邪魔をすれば学校を爆破する」と告げ姿を隠す。

SNS上では柊の批判で炎上していた。それを面白そうに見ている柊に郡司は改めて問う。何故こんな事をしたのか。柊はゆっくりと今回の事件の真相を語りだす。

<柊の語る真相>


きっかけは元恋人の相良文香(土村芳)が教師を辞めるキッカケになったフェイク動画。


柊は動画を調べていく内に武智大和(田辺誠一)が半グレ集団のベルムズにフェイク動画の依頼をした事を知り、武智のいる魁皇高校に入る。


そんな時に景山澪奈のフェイク動画が流失し景山が自殺する事件が起きる。
病で余命1年の宣告を受け、景山の死を防げなかった事から憔悴するが文香の父、相楽孝彦(矢島健一)に明日への活力にするよう諭され、文香の実の父である捜査一課理事官、五十嵐(大友康平)を紹介され、3人で共謀して今回の事件を計画する。


そしてそれはある生徒を救う為でもあった。。。

<茅野の語る景山の死の真相>


景山が自殺する前に景山を呼び出しフェイク動画の件で距離を置いていた事を謝罪する。


だが景山はすでに茅野が大切な親友であるが、全員が敵に思えてします自分が怖くなっていて壊れそうだと告白。

そのまま景山は屋上から飛び降りてしまう。

景山の手を掴み助けようとするが「もう限界なの」と言われ、茅野の手を離れ景山はそのまま落下してしまった。

その事を柊に告白していた茅野。柊は景山が死んだ本当の理由は別にあり、茅野の責任ではない。この事件を最後まで見届けるのだと茅野に話していた。

<3月10日、朝8時。運命の時、全てを明かす瞬間>


郡司を開放し、屋上に1人姿を現す柊。


柊を心配し屋上へ向かう為、通路を塞ぐ爆破跡の瓦礫を撤去する生徒達。そして遂に柊がSNSでライブ動画配信を始める。

<黒幕の正体!?>


柊はまず、自分が作ったフェイク動画の正体を明かす。SNSで柊や武智を糾弾していた投稿者達が混乱する。


今回の事件で様々な曖昧な情報に踊らされ、何度も意見を変えながら批判を続けていたSNSユーザーの愚かで無責任な発言を暴露する為に事件を起こしたのだと語る。


相も変わらず批判を続けるユーザー達に怒りを露わにする柊。


柊達が戦っていた本当の敵は、軽はずみに人を批判し追い詰めていく

SNSユーザー達だった。

<景山の死。その原因は??>


郡司が協力しながら瓦礫の撤去を進める生徒達。


柊はSNSユーザーに対して話を続ける。景山はフェイク動画によって誹謗中傷を受け続け人間不信になり飛び降り自殺した。しかしSNSでは無責任な言葉が飛び交う。

柊はそんなSNSユーザーに語り続ける。

「言葉の暴力で人は簡単に追い詰められる」「人の命を簡単に奪える事を自覚してほしい」

と。


自分の思いが1人でも多く伝わる事を祈りながら。。。

<クライマックス!もう一つの目的>


瓦礫を一部撤去出来た生徒達は急いで柊の元へ向かう。


柊は最後に「Let’s think」と伝え動画配信を終え、屋上から飛び降りる
そんな柊の手を掴む茅野!!

「楽にしてほしい」と言う柊に茅野は景山が飛び降りた時の事がフラッシュバックする。

決して手を放さないと誓う茅野だが今にも落ちそうな柊だったが、駆け付けた生徒達が協力し柊を助ける。


助けられた柊は茅野に問いかける「お前は本当に景山の手を離したのか?」茅野は涙を流しながら「違う。澪奈に生きていてほしかった」と答える。


自分を責め続けていた茅野を救う事が出来た柊!!


今回の事件のもう一つの目的は「茅野を救う為」であり、それが果たせた事に柊は笑顔を見せ「死ぬのは怖いな」と語る。

一方で武智は学校に駆け付けた文香に精一杯の謝罪し、文香は明日から強く生きていく事を誓う。

<結末>


柊は郡司に逮捕され連行される。追いかける生徒達に柊は告げる「卒業おめでとう」

そして数年後、柊の三回忌で集まった生徒達。


1人教室に残る茅野。世の中を大きく変わる事はなかったが、柊の思いが誰かに届いている事を祈りながら、柊に感謝しながら教室を後にする。

<感想&まとめ>


完結しましたね。。。


様々な憶測が飛び交っていたこのドラマ。前回伏せられていた真相を語るシーンについて真相をまとめてみました。


・黒幕について
景山澪奈を自殺に追い込んだ本当の黒幕(敵)はSNS「マインドボイス」のユーザー民
・事件を起こした目的
1、武智大和に自分が犯した罪の重さを理解させる事。(実際、武智はネットで誹謗中傷を受け景山と同じく人間不信になり幻聴や幻覚を感じる。最後に罪の重さを感じ文香に謝罪した)
2、SNSによる暴力を世に知らしめる事。(状況を二転三転して意見をコロコロ変えるユーザーに情報に踊らされ無責任な発言を自覚させる。)


こんな所でしょうか。
SNSユーザーは物の見事にやられてましたね。ユーザー達の発信に憤りを感じました。

ドラマのテーマはやはり「現代社会の闇」でしょうか。最近よくありがちなテーマですが、ネットの誹謗中傷はやはり問題ですね。


誹謗中傷で苦しんでる芸能人とか結構いますし、悲しいです。


武智が一次災害を作り、SNSが二次災害を起こし人を追い詰める。「言葉はナイフなんて非にならない位の凶器になる」それを伝えたいドラマなんでしょうね。
ネットの使い方はちゃんと「Let’s think」しましょう。

菅田将暉の教師役で主演。鬼気迫る演技は高評価ではないでしょうか。


その他の若手俳優達の演技もドラマの見所として良かったです。


学園ドラマは毎回若手を起用されるからこれから先、超有名になった俳優が実はこのドラマに出ていた!ってなるのが今後楽しみです。(たしか菅田将暉もそんな有名じゃない頃に学園ドラマで生徒役やってませんでしたか?)

ドラマのラストでSNSユーザーがもっと考えさせられる様になってほしかったが、ちょっとイマイチのラストで憤りをちょっと収めきれないでしたが、個人的に茅野(永野芽衣)が幸せになってほしいというのは叶いそうでよかった(笑)

みなさんは満足出来ましたか?私は今クールで一番面白いドラマだったと思います!!!

Huluでサイドストーリーが配信されてるようです!!!


最後の卒業について生徒達が柊からそれぞれメッセージを受け取るような内容と思います。
最後まで観たみなさんは、観た方がいいと思いますね。

以上です。
みなさん!明日への活力を忘れずに♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました