なでしこジャパンのエース岩渕真奈の兄や家族構成は?ケガは大丈夫?

「岩渕真奈」の画像検索結果

a good time

<岩渕真奈とは>

FIFA女子ワールドカップが6月7日より開催されました!
普段サッカーに興味ない方でもワールドカップになると興味をもって見られる方も多いのではないでしょうか?
特にサッカー日本女子代表は「なでしこジャパン」の愛称で知られ、2011年のFIFA女子ワールドカップではアジア勢として初優勝もしています。余談ですがバラエティ番組でも活躍している丸山桂里奈さんも元「なでしこジャパン」ですね。
今回は「なでしこジャパン」のエースとして活躍されている岩渕真奈選手について調べてみました。

 

 

<岩渕真奈選手のプロフィールとニックネーム>

「岩渕真奈」の画像検索結果

Foot ball ZONE web

生年月日:1993年3月18日生
出身:東京都武蔵野市
身長:155㎝
血液型:O型
ポジション:FW

まずプロフィールを見て驚いたのが身長です!
女子サッカー選手と言えどかなり小柄だと思われます。
それでも海外の大きな選手に当たり負けしない強靭な体のようです。
ちなみにニックネームは“リトル・マナ”、“マナドーナ”だそうです。
また彼女は卓越したドリブルのテクニックから「型破りのドリブル天使」とも呼ばれおり、その凄さを物語るエピソードがあります。

それは2018年4月のAFCアジアカップ準決勝で中国と対戦した時の事です。
0-0で迎えた前半39分。岩渕選手は4人に囲まれた状態からドリブルでゴール前に侵入!そのまま相手方ディフェンダーを高速フェイントでかわし相手ゴールに強烈なシュートを放ちました!
このゴールがきっかけとなり、なでしこジャパンは3-1と中国に勝利を収めたのです。
この切れ味の鋭いドリブルから元アルゼンチン代表ディエゴ・マラドーナにひっかけて「マナドーナ」と呼ばれるようになったそうです。

 

<岩渕真奈選手の家族情報・お兄さんとの関係は?>

「岩渕良太」の画像検索結果

ゲキサカ

岩渕選手は小学2年生の時にサッカーを始めたようですが、きっかけは2歳年上のお兄さんの影響だったそうです。
ちなみにお兄さんは、藤枝MYFC所属のプロサッカー選手「岩渕良太」選手です。
女子サッカー選手はお兄さんの影響で始める方が多いのですが、岩渕選手の場合は当時のクラブ初の女子選手となったようです。
また、お父さんとお母さんは岩渕選手のブログにたびたび登場するようで、非常に仲が良い家族のようです。
やはりアスリートにとって温かい家族の支えが何より大切なのかもしれませんね。

 

<岩渕真奈選手を苦しめる怪我とは?>

今までは順風に見えた岩渕選手ですが、これまでに多くの怪我に悩まされてきたようです。
サッカーと言えば激しいスポーツでもあるので怪我は付き物と思われますが、やはり大きな怪我をしては試合にも出れませんし、練習もまともに出来ません。
岩渕選手が今まで負ってきた怪我をまとめてみました。

2012年:右足小指の疲労骨折
2015年:右膝外側側副靭帯の損傷(2017年に手術)
2016年:ブンデスリーガーでの試合で負傷(そのまま退場)

この膝の怪我は、岩渕選手にとって深刻なようでこのワールドカップ直前取材でも
「膝は少しずつ回復している。もう1回けがをしたら終わりなので慎重にやりたい」
という趣旨のコメントを残す程のようです。

 

 

<岩渕選手への今後の期待>

今回のワールドカップで“マナドーナ”と呼ばれるドリブルを武器に是非、決勝トーナメントに進んでもらいたいものです。
そして何より怪我を乗り越えた元気な姿を魅せてくれる事に期待したいですね!!

そのルックスからメディアの露出が多くなる日の近い?

それにしてもプレーをしているのを見るとあの可愛いオフショットがまるで想像できない。。。

ルックス最強!スキル最強!

天は二物を与えますね!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました