世界が驚く日本の女性アスリート!格闘家浅倉カンナ編!その強さの秘密に迫る!

こんにちは、GGです!今回からの新シリーズ、日本の女性アスリート紹介!
昨今活躍してる方が非常に多くこれからスポーツ、格闘技の分野に置いて男性に負けない需要が出てくると思います!

その中から僕が気になっている女性トップアスリートを不定期掲載していきます!!!

●1話  タイトル:日本総合格闘技の女王「浅倉カンナ」

「浅倉カンナ」の画像検索結果
ハイパーしょうゆ

<浅倉カンナ選手とは>


浅倉カンナ-格闘技に興味がない人でもその名前を耳にする人が多くなったのではなかろうか。

日本は今、新たに格闘技のムーブメントが起こってきている!


数年前にPRIDEやK-1が衰退しすっかりアンダーグラウンドのものになっていたはずなのだ。
しかし今回のムーブメントで当時と異なるのは“女子総合格闘技”が主力コンテンツとなっているのも見逃せないのだ。


その中心にいる一人が浅倉カンナ選手である。

<総合格闘技とは>

「総合格闘技」の画像検索結果
Let’s BJJ

パンチやキックといった打撃に加え、掴み・投げ・絞めが出来る、所謂「なんでもあり」の格闘技である。


指の部分が自由に動かせるオープンフィンガーグローブを着用し行うのも特徴である。
日本ではRIZIN FIGHTING FEDERATIONという総合格闘技団体が統括し大会を行っている。
(テレビで「RIZIN」という言葉を聞いた方も多いであろう)


キックボクシングやその他の格闘技団体と提携することで様々な異種格闘技戦を実現し話題となっている。


記憶に新しいところでは、ボクシングの無敗の元帝王「フロイド・メイウェザー・ジュニア」とキックボクシングの神童「那須川天心」の試合を実現させたことでも有名である。(この時はボクシングルールでの開催)

メイウェザーの強さ、最強の反応のよさ、バケモノでしたね笑

「天心 メイウェザー」の画像検索結果
ヤフー

<浅倉選手の強さに迫る>


浅倉カンナ選手の話に戻そう。


浅倉カンナ選手が女子総合格闘技の中心になったのはある試合がきっかけであった。
それまで日本の女子格闘技界を牽引してきたRENA選手との一戦である。

「浅倉カンナ RENA」の画像検索結果
GyaO


RENA選手はそれまで無敗を誇っていた選手でしたが、RENA選手に挑戦した際になんと失神KOで勝利を奪ったのである。


この時、まだ浅倉選手は20歳。17歳でプロデビューしてからわずか3年での大金星であった。


ちなみに、RENA選手は浅倉選手にとって憧れの存在でもあったとのことだ。
浅倉選手のファイティングスタイルは寝技にあるといっても過言ではない。
とにかく組んだら離さないのである。


これは父親からの影響で始めたレスリングがバックボーンであることは間違いないであろう。

仰天エピソード
父親が熱心に指導するあまり学校に
「カンナはレスリングのトレーニングで忙しいから宿題を出さないほしい」と依頼したというもの。
また、遊ぼうとすると
「懸垂をしろ」
勉強をしようとすると
「懸垂をしろ」
と相当な懸垂好きでもあったようである。


その規模しい指導の甲斐もあり、レスリングでは中学生時代に国際大会で優勝を勝ち得たのである。
しかしながら2018年末の試合においては、米国の総合格闘技で女子王者になった浜崎朱加選手に腕ひしぎ十字固めを極められギブアップ負けとなった。


続く2019年3月の再起戦では巧みな寝技で見事3-0の判定勝ちを収めたのである。

<浅倉選手の私生活は?>

「那須川天心 浅倉カンナ」の画像検索結果
日刊大衆


公になっているものでは浅倉選手と那須川天心とお付き合いをされているようである。

まさしく格闘技界のビッグカップル!!!!


またインスタグラムではイチゴ狩りを楽しんでいる写真やイチゴのスイーツを楽しんでいる写真もあり、イチゴ好きであることがうかがわれる。
写真の中には画像加工アプリで動物顔になっているもののあり、格闘家と言えども女の子である時間も十分に楽しまれているようである。

<浅倉選手のライバルたち>

「浜崎朱加」の画像検索結果
エンタメガ天


浅倉選手と激闘を繰り広げているライバルたちを紹介しておこう!

RENA

日本女子格闘技のパイオニアで日本の女子シュートボクサーである。
 女子立ち技打撃格闘技では圧倒的な強さを誇る。
 現在は浅倉選手との2度にわたる敗戦に加え、2018年末の大会で計量直前に倒れてしまった模様。
 現在は休養中のようであるが復帰されたら再び浅倉選手との激闘を見たいものである。

浜崎朱加


 浅倉選手を破りRIZIN女子王者となった選手。
 元々は高校時代に柔道をされていたようである。
 得意技は柔道出身らしく「腕ひしぎ十字固め」のようであり、多くの大会をこの技で勝利に導いている。

前澤智


 女子総合格闘技イベント「EEP JEWELS」の第6代DEEP JEWELSアトム級王者。
 柔道、柔術がバックボーンの総合格闘家である。
 浅倉選手に敗れた後にTwitterでこのように呟いている
 「本当に本当にありがとうございました? 勝つことの難しさをまた学びました。
  結果に繋がらなかったことを受け止めて これからの日々を生きていきます
  24時間、格闘家として。 カンナちゃん、ありがとう! 」
 この戦いに敗れた事で前澤選手はさらに強くなり、再び浅倉選手の前に今度は挑戦者として出てくると思われる。

<浅倉選手への今後の期待>


まずは、浜崎朱加選手とのリベンジマッチが見たいと思うのは筆者だけではないはずだ。
浜崎選手の強さを分析してリベンジマッチに挑んでもらいたいものである。
勝つ事が全てではないがやはり、強い浅倉選手が見たいというのも隠せない心境なのである。
浅倉選手の今後の活躍を心から願ってやまない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました